脱毛の知識

カミソリで行うむだ毛処理のポイントとは?

カミソリで行う無駄毛処理はサロンの予約などが必要なく自分の好きなタイミングで行え、かかる費用も少ないため多くの人が行っています。しかし、自分で無駄毛処理を行う際には注意点を守って行わなければ、肌にトラブルが生じてしまうこともあります。



どれだけ丁寧に行ったとしても、カミソリを肌に滑らせることは肌の表面の角質を無駄毛と一緒に剃っていることになります。清潔な肌とカミソリで無駄毛処理を行うことで、後々のトラブルを減らすことができます。また、体調が悪い時や不安定な生理のタイミングなどは肌の状態も不安定なため無駄毛処理を行うのはやめて、体調の良い時に行うようにします。


お風呂場などに置きっぱなしにしているカミソリは湿気で刃が錆びてしまうため、肌に悪影響を与えないように無駄毛処理を行うたびに刃の状態を確認して古いものは使わないようにしましょう。そして処理を行う時にはシェービングクリームなどをつけて滑りを良くしてから行います。肌が乾燥している状態で行うと角質などを余分に削ってしまってトラブルの原因になってしまいます。


剃る際にも力を入れすぎて行ったり、何度も同じところにカミソリを滑らせるとそれだけ角質へ影響を与えてしまう可能性が高くなります。カミソリ負けや色素沈着の原因となってしまうため、注意が必要です。


そして、カミソリでの無駄毛処理が終わった後にはアフターケアも必ず行いましょう。化粧水や乳液、クリームなどで肌の保護をすることが重要です。肌が弱い人は熱を持ってしまうこともあるため、冷却剤や冷たいタオルで肌を冷やして落ち着かせるようにします。


これらのトラブルは無駄毛処理を行ってすぐに起こるものばかりではありません。数日たってから起こるものや、何回も行ったから起こるものなどがあります。カミソリを使って無駄毛処理を行い、なにか変わったことがあった場合には皮膚科など専門の医療機関で診察をしてもらうようにしましょう。